FrontPage2022

第6回 テーマ

農業 x つくる責任つかう責任

持続可能な食と農業をめざして

大地の力第6回テーマは「農業 x つくる責任つかう責任」です。

今を生きるわたしたちは、地球環境を維持しながら次の世代へ引き継ぐ責務を負っています。
一方で、より早く・より便利に・より快適にという欲求に抗いながらその責務を実行することはなかなか難しいものです。

環境の維持と社会の発展を両立すること。それが「持続可能な発展 - SDGs」のひとつの目標だといえます。

環境との関わりが深い農業の世界でもSDGsへの寄与が求められています。
自然環境とは一見仲が良さそうな農業ですが、自然の恵みを享受しながら環境破壊の原因となっていることも事実です。

農業が環境破壊の原因になる理由の1つは、わたしたち消費者にあるかもしれません。
きれいで新鮮な野菜・安全安心な食肉や卵・お財布に優しい「食」などを追求することが自身の首を締めることにつながっていることも。

「農業 x つくる責任つかう責任」というテーマには、大きく以下のような想いが込められています。

・農業そのものが環境によりやさしくなること
・農業の力を利用して環境をより良くすること
・わたしたち消費者が農業や食の現場でよりよい行動をおこなえること

わたしたち自身と次世代に、よりよい環境を実現できるようなアイデアを募集します。