大地の力コンペ | 女性未来農業創造研究会

審査について

1. 審査方法

1) 一次審査(書類審査)

審査委員会(学識経験者・公益財団法人イオン1%クラブ・女性未来農業創造研究会、他)による書類審査を行います(非公開)。
審査結果はメール・電話にて2017年1月15日までにご連絡いたします。
※就農・会社設立5年以内→10年以内への変更に伴い日程を変更いたしました。ご了承ください。

2) 二次審査(インタビュー・現地調査)

審査委員会による一次審査通過者訪問。インタビュー等の調査を行います。
調査を基に2017年2月6日までに審査を行い(非公開)、結果を2017年2月7日にウェブ上にて公表、ご連絡いたします。

3) ファイナルプレゼンテーション

2017年3月7日(火)表彰式会場にて15分程度のファイナルプレゼンテーションおよび質疑応答を行っていただきます(公開)。
プレゼンのポイントを加味し、最終審査を行います。

※審査内容の詳細・結果に関するお問い合わせには一切お答えできません。


2. ファイナルプレゼンテーション審査員

・藤井 滋生
女性未来農業創造研究会 代表理事 / 株式会社 アグリインキュベーター代表取締役社長

・納口 るり子
女性未来農業創造研究会 副代表理事 / 筑波大学生命環境系 国際地縁技術開発科学専攻 教授

・青山 浩子 氏
農業ジャーナリスト

・西辻 一真 氏
株式会社マイファーム 代表取締役

・難波 友子 氏
レッドライスカンパニー株式会社 代表取締役

・前田佳良子氏
セブンフーズ株式会社 代表取締役


3. 審査基準

「農業+食と健康」というテーマにおいて、以下の内容がいかに含まれているアイデアかどうかにより審査いたします。
社会人枠・学生枠の違いにより異なった重み付けを行います。

1) 社会的インパクトに対する評価

・社会に貢献するアイデアかどうか
・女性や若者が活躍できるアイデアかどうか
・テーマである社会課題の解決に寄与するかどうか
・農業の楽しさ・魅力を引き出すアイデアかどうか

2) 革新性に対する評価

・既存の価値観を打ち破るような独創性のある新しいアイデアかどうか
・新しいモノ・コトを生み出しているかどうか
・新たなニーズやマーケットを掘り起こせる可能性があるかどうか

3) 事業性に対する評価

・顧客・市場・競争環境が分析できているかどうか
・実現可能性の高いアイデア・計画かどうか
・収入モデルなど、採算性が分析できているかどうか
・成長モデルの策定など、将来性があるかどうか